クリニックの看護師たち

治療方法が異なる

女性医師

どの様な理由で発生するか

双極性障害は、うつ病だけではなく躁状態の症状も現れます。そのため、うつ病とは違った治療方法になります。また、躁状態のことをしっかりと医師に話さないとうつ病の治療を受けることになります。うつ病の治療方法だけでは、双極性障害は完治することが大変難しいといえます。そのため、しっかりと医師に相談する必要があります。双極性障害の治療として病院に通う人は多いといえます。しかし、クリニックでも治療を受けることが出来るため自分に合った場所を選ぶと良いでしょう。また、クリニックによっては双極性障害の治療を行なっていない場所もあります。そのため、インターネットサイトを活用して利用出来る場所を探すと良いでしょう。

どんな症状が出てくるのか

うつ病は、基本的に気分が沈んでいる状態になります。また、何週間も同じような症状が続くとうつ病と診断されることもあります。うつ病と同様に、躁状態も何週間も気分が上がっている状態が続きます。しかし、自覚症状がない他にも周囲もテンションが高いなど勘違いされやすいためあまり気づきにくい病気といえます。そのため、双極性障害の病気にかかっていることに気づいていない人も多いといえます。少しでも違和感がある場合、医師に相談すると良いでしょう。早めに気づくことで、早い社会復帰が望めるといえます。また、治療は決して自己判断でやめてはいけません。自己判断でやめてしまった場合、再発する恐れもあるため十分に注意しましょう。

双極性障害というのは、これはうつ病などと類似して、セロトニンや血液の流れの不足や低下、他にもドーパミンなどの神経伝達物質などの、例えれば「何々をして楽しく感じる」とか「何々をして多幸感を感じる」みたいな人間の脳の働きの感情を円滑化する要素である脳内ホルモンなどの低下などが原因でもあると言えます。 そして障害性の場合には、生まれつき前述の部分等が生まれつき円滑化され難い為に自閉症などになってしまうケースもあると考えられています。 そして双極性障害とは、この脳内ホルモンなどの異常低下や過剰分泌などが原因であるとも言われている脳の疾患や障害、つまり病気であるとも考えられています。 つまり、精神論などで片付けられる分野ですらないというのが医学の分野では常識です。

双極性障害というのは、生まれつき感情の浮き沈みが激しい人などを指すと言われています。 これは前述の脳内ホルモンや脳内物質の過剰分泌や異常低下などが原因でうつ病や躁病の様な両極端な、自我のコントロールも上手くいかない突発的な行動や、突発的な沈静化などが見られるものになります。 これは後天的に、うつ病などを患ってしまった方々などが併発する事も多いケースであり、脳へのダメージ次第では先天性を問わず長い期間付き合っていく事になりかねない持病にもなりえます。 この治療法法というのは、薬物治療や、薬物治療が嫌なら長期の休養とカウンセリングを受けるなどの治療法法が望ましいと言われています。 双極性障害とは人によっては無視できる度合いのレベルで済む事もあり無自覚に生きていく人達も居ますが、自覚を持って苦悩している方も居られる、これから医療分野の発展に基づいて治療法の円滑的な効率的な内容の確立が期待されているものでもあります。