クリニックの看護師たち

サポートが必要

カウンセリング

双極性障害になった場合、様々な治療方法が挙げられます。双極性障害の治療として、精神療法が挙げられます。精神療法にも様々なものがあり、その中の一つに心理教育があります。心理教育では、医師と二人で相談して行う他にも家族を交えて話合いを行うケースもあります。双極性障害の病気を理解してもらう他にも、双極性障害の治療に成功した人の意見を聞くことで治療に専念することが出来る治療方法になっています。その他にも、認知行動療法が挙げられます。認知行動療法では、否定的な捉え方を改善することを目的とした治療方法になります。客観的に知ることが出来るため、考え方なども改善することが出来るといえます。

対人関係療法では、物事をシミュレーションして対処方法を考えるものになっています。大切な人の喪失や、自分の役割変化や不満など様々な目線から意見を聞き出すことで考え方を変化させることが出来ます。そのため、対人関係を円滑にすることも出来るでしょう。また、その他にも社会リズム療法が挙げられます。普段の生活リズムを知ることで、改善することが出来ます。主に、睡眠時間など把握することが出来るため問題点なども見つけやすいといえるでしょう。また、電気を早めに消すなど工夫をすることで睡眠問題を解決することも出来ます。病院やクリニックによって治療方法は異なってきます。しかし、相談することによって客観的に自分を知ることが出来るため早い回復が望めるといえるでしょう。