双極性障害で悩むあなたにクリニックでの治療をオススメします。

双極性障害の症状

双極性障害の治療への今後の動向について

私たちの周りには、多くの病気が存在します。その中でも、発症率が低い病気には双極性障害が挙げられます。双極性障害は、海外に比べて日本人の発症は低いものです。しかし、自覚症状がない病気のため気づいていない人もいるでしょう。そのため、発症率は低いといえます。双極性障害には、様々な症状が挙げられます。多くの人が耳にしたことがある病気にうつ病が挙げられます。うつ病は、心の病と言われています。過度なストレスを溜め込んでしまうなどの環境問題が考えられます。

医療施設を利用する時の注意点

うつ病以外にも、躁状態が挙げられる病気に双極性障害が挙げられます。双極性障害は、うつ病と違って脳の病気と考えられています。また、双極性障害の症状は躁状態とうつ病が交互に繰り返し発症します。次の症状が出るまでに、数年などの時間がかかります。しかし、双極性障害が悪化してしまうと発症するまでの期間が短くなってしまうため早めに治療をする必要があります。躁状態は、気分がハイの状態になってしまいます。そのため、普段よりも積極性が増し多弁になることも挙げられます。また、金銭の使用方法も普段よりひどくなってしまいます。不要なものまで買ってしまう他にもギャンブルや投資などで多額な金額を使用します。そのため、自己破産をしてしまう他にも多額な借金も抱えるようになるでしょう。

躁状態でも、軽度の場合もあります。軽躁状態の場合は、周囲に迷惑をかけることはほとんどありません。しかし、双極性障害には変わりないため治療を受ける必要があります。

双極性障害の治療を行う事ができるのは、精神科や神経科などとなっており、心療内科などでの受付が行ってもらえる場合もあります。 しかし、双極性障害という病気を治療するとなると、長い月日が必要とも言われています。 この病気は治療を行えば、改善をする事ができる病気なので、個人の症状と上手く付き合いながら日常生活を送る事ができるように工夫する事などが大切でもあります。 今後、この双極性障害に対しての治療は、個人にあった治療法などを提供して貰い、個人が日常生活の中で双極性障害の症状が酷く出る事が無くなった場合に完治とみなされます。 精神科などの科が積極的な治療に適しているので、病識がある場合には精神科での治療を受けるのも良いでしょう。

双極性障害の治療を行う時に医療施設を選ぶ事はとても大切な事です。 例えば、長い治療機関の中での費用が足りなくなる可能性などが出てくるのであれば、積極的に医師に相談を行うのが良いです。 また、医薬品などが体にあわなかったというような事柄があった場合には、それについても伝える必要があるので、体に合わない薬を持続的に飲み続ける必要は無いです。 治療には長期間かかるのが通常なので、ゆっくりと病状を克服する気持ちで通う事も大切です。 個人の日常生活を改める事等も大切な事になりますので、できるだけ規則正しい生活を行った上で薬などの服用を行い、医師の指示に従って治すのがベストです。 あわない医師との遭遇があった場合には、病院を変えてみるというような方向性で長期で治していくのが無難でしょう。

TOPICS

女性医師

治療方法が異なる

双極性障害は、うつ病と違う治療方法になります。そのため、医師に伝える際には躁状態のことも話す必要があります。躁状態のことを話さないとうつ病と診断されてしまうこともあるため注意しましょう。

男性医師

安定薬の副作用

双極性障害の治療には、主に気分安定薬が用いられます。気分安定薬は、躁状態やうつ病にも効果的といえます。また、気分安定薬には副作用もあるため十分に理解した上で使用すると良いでしょう。

悩む女性

睡眠薬の使用

双極性障害の躁状態の場合、睡眠をとらないことも多々あります。そのため、睡眠薬も治療として用いる場合もあります。睡眠薬を服用することでしっかりと睡眠をとることが出来ます。

カウンセリング

サポートが必要

治療方法には、様々なものが挙げられます。しかし、薬だけで完治することは難しいといえます。そのため、双極性障害になった場合は周囲のサポートも必要といえるでしょう。